TEL
MAP

BODY HIFUボディハイフ

ボディハイフとは

レジュバのボディハイフはUTIMS A3 ボディ

高密度収束超音波(HIFU)を皮膚表面より8mmもしくは13mm直下にある脂肪層に照射する、切らない痩身治療です。脂肪層をピンポイントで照射し、皮膚や筋肉など周辺組織を傷つけることなく、ボディの引締めや痩身効果を発揮します。

脂肪細胞は42℃~45℃ で30分間温めるとアポトーシス(細胞の自然死)が起こると言われています。

UTIMSの焦点温度約65℃で照射すると、約0.05秒で脂肪細胞が破壊されます。破壊された脂肪はマクロファージーなどにより貪食され、1~2ヶ月ほどかけて老廃物として対外に排出されます。

身体のたるみの原因のほとんどは、繊維組織の劣化減少です。脂肪層に十分な熱が入ると、脂肪細胞が破壊されるとともに、周囲のコラーゲン繊維組織にも損傷が生じます。するとコラーゲン線維芽細胞はこの損傷したコラーゲン繊維を修復しようと強固なコラーゲン繊維組織を構築していきます。この構築により、照射部位の引き締め効果や、身体のたるみ改善が得られます。

TREATMENT施術について

施術時間

腹部:約60分
臀部:約45分

治療間隔

数ヵ月に1度、4回程度をお勧めしています。

ダウンタイム

ほぼありませんが、照射部位の発赤・腫れ・術後の疼痛(筋肉痛のような痛み)が出る場合がございます。

リスク・副作用

術直後より、発赤、腫れ、術後の疼痛(筋肉痛のような痛み)がでる場合がありますが、通常、数時間〜3日程度で消失します。​
治療後数時間は違和感が続く可能性と、数日間に肌のツッパリ感を感じることがあります。​
ごくまれに治療部位に内出血や紫斑、水胞をともなった熱傷が出ることがあります。発症の場合は、当院の医師の指導に従ってください。​

個人情報保護方針

表参道レジュバメディカルクリニック(以下「当院」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
個人情報の管理
当院は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当院からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当院は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当院が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策
当院は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し
当院は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
お問い合せ
当院の個人情報の取扱に関するお問い合せはフォームよりご連絡ください。