TEL
MAP

SGF乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)​

乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)​

ヒト幹細胞を培養する過程で発生する上澄み液のことを幹細胞培養上清液といいます。この上澄み液には、数百種類以上のサイトカインとよばれる細胞の増殖・分化を活性化する因子が含まれてます。この幹細胞培養上清液を用いた「修復医療」が注目されており、近年アンチエイジングにも効果があることがわかりました。

乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)​とは…
乳歯歯髄幹細胞を培養する際、作り出される培養上清液です。

幹細胞から分泌される多くの生理活性物質が含まれており(数百種以上のサイトカン*1や成長因子*2、ケモカイン*3、エクソソーム*4 など)、幹細胞移植と同じかそれ以上の効果を得られることがわかっています。もともとヒトの体にある幹細胞を利用して作られますが、乳歯や永久歯の歯髄、骨髄、脂肪、臍帯など、細胞の種類により含まれる成分は異なります。とりわけ乳歯歯髄細胞の培養上清液には多くのたんぱく質が含まれ、成長因子の効果が他の幹細胞培養上清液よりも治療等の効果が高いと考えられる結果が報告されており、今後の治療の選択肢としてますます期待されております。

再生因子とは…
体性間葉系幹細胞*5培養上清に分泌された数百種類以上の様々な生理活性物質が混合した液性因子

幹細胞移植を前提とした再生医療が、新たな方法によって転換期を迎えようとしています。幹細胞は再生の主役ではなく、幹細胞の産生する液性成分(SGF)が体内細胞とともに臓器を再生させる、ということが様々な臓器で実証されています。その結果、従来の幹細胞移植に伴う、がん化、規格化、投与法、保存性、培養法などの困難な問題が解決され、今、SGFによって再生医療が大きな転換期を迎えようとしています。このように、SGFが傷ついた部分に集まろうとする仕組みのことをホーミング効果といい、目的の細胞の痛んだ部位を修復してくれるのです。幹細胞移植と比較すると、SGFでは細胞を移植しないため、腫瘍化などが起こりにくく、より安全であると考えられます。また、SGF自体をあらかじめ製造し、成分分析を行うことで、一定の規格化した品質のものを使用できる利点があります。さらには大量生産を行ったり、さまざまな効果的な投与方法を選択することができるので、低コストで幅広い疾患への利用が期待されます。


※1:サイトカイン(cytokine)とは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞は特定されない情報伝達をするもの。※2:成長因子(Growth factor)とは、体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称。※3:ケモカイン(Chemokine)は、Gタンパク質共役受容体を介してその作用を発現する塩基性タンパク質であり、サイトカインの一群。※4:Exosome(エクソソーム・エキソソーム)は、ほとんどの細胞で分泌される直径50nm~150nm程度の膜小胞。※5:間葉系幹細胞とは、成体内に存在する幹細胞の一つで、培養条件次第で中胚葉由来の組織である骨や軟骨、血管、心筋細胞に分化できる能力をもつ細胞。

FAGA治療、予防

FAGA(Female Androgenetic Alopecia)とは…
女性の脱毛症のことをいいます。女性も近年AGA(男性型脱毛症)を発症する方が増え、最近では20〜30代の方にもみられるようになり、決して特別なものではありません。

SGFのAGA治療とは…
AGAでは、毛周期の成長期が短くなり、毛髪が成長しきらないうちに休止期に入ってしまいます。その結果、毛髪はミニチュア化しそのまま抜け落ちてしまうのです。しかし、髪をつくりだす細胞は失われていないため、適切な治療によって発毛・育毛を促すことができます。

当クリニックの育毛治療のひとつに、乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)を頭皮に直接注入し、発毛・育毛を促すというものです。SGFを注入すると、周囲の髪をつくり出す毛母細胞が刺激されて発毛機能が高まるだけでなく、周囲の細胞が自らも成長因子を分泌するようになるため、髪に必要な栄養を送り出す機能も活発化します。一時的に脱毛を抑制したり、育毛したりする従来のケアとは異なり、細胞レベルから毛周期のサイクルを正常に導き、髪の再生能力を高めて薄毛の悩みを解消します。

導入方法
メソガンの中でも最新型で注目されている「mp&gun」という機種を使用し、針で皮下に直接細かく上清液を噴出させて頭皮にデリバリーします。この最新型のメソガンを導入しているクリニックは、都内でも数院しかありません。

※育毛治療中の注意事項
・メソセラピー治療の前後2週間はヘアカラーを避けてください。
・治療開始からしばらくの間は、一時的に抜け毛が目立つ方もいらっしゃいますが、休止期にあった毛包が成長期に入る時に古い髪が抜け落ちるためです。その後、新しい髪が成長してきますので心配いりません。

乳歯歯髄幹細胞培養上清液『SGF』 ~検査~ テロメアテスト

テロメアテストとは…
染色体の末端部分のテロメア配列の長さを測定する検査です。
「テロメア全体の長さ」と「G テール」と呼ばれる末端の一本鎖部分の長さの2 つの長さを測定する世界オンリーワン検査です。

テロメアとは、染色体の端にある部分で、細胞分裂を繰り返し短くなり、その長さは加齢や寿命、さらに遺伝子の強さに関係しています。長さが短い人の方が加齢で増加する様々な疾患にかかりやすい事が研究で明らかになっています。Gテールは二重らせん構造の端に尻尾のように伸びている一本鎖で、これは環境要因によるストレスなどで短縮するため、検査することで「遺伝子への疲労度」がわかります。自分は老化が原因で病気にかかりやすい体質なのか?かかりにくい体質なのか?健康な状態なのか?などを知ることができる検査です。実年齢から見た(遺伝子強度)を測定し「遺伝子年齢」を検査します。

DrRena’s VOICE​

乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)とは

​幹細胞培養上清液の治療は正直不透明なことがたくさんあると思います。​どこで何をどのように培養しているのか。また、クリニックによっては一回の治療費が数百万円するものもあります。私が今注目しているのは様々な幹細胞培養上清液の中でも乳歯歯髄幹細胞培養上清液(SGF)。​乳歯歯髄細胞の培養上清液には多くのたんぱく質が含まれることが報告されています。​​SGFには乳歯幹細胞から培養された、100種類以上のサイトカインや成長因子が豊富に含まれています。​​​​現段階で論文に発表されている効果としては、アンチエイジング効果(肌のコラーゲンやエラスチン生成などによるしわやたるみの改善)、薄毛治療効果、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患、糖尿病、肝臓病、腎臓病、​リウマチなどの関節痛、脳梗塞後後遺症、ED、認知症など。​​​私が特に注目しているのはSGFによる発毛効果とアンチエイジング効果です。アンチエイジングとしては直接肌や頭皮に注入することもできますが、点滴や点鼻治療によりテロメア遺伝子を短縮することもできます。​ダウンタイムやライフスタイルに合わせて一番良い方法を提案いたします。 

個人情報保護方針

表参道レジュバメディカルクリニック(以下「当院」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
個人情報の管理
当院は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当院からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当院は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当院が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策
当院は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し
当院は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
お問い合せ
当院の個人情報の取扱に関するお問い合せはフォームよりご連絡ください。