TEL
MAP

Autologous Cytokine Rich SerumACRS(自己血サイトカインリッチ血清)

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)とは

患者様ご自身の血液にある、抗炎症性サイトカインと成長因子の成分を高濃度に含んだ上清液(サイトカイン)を使った治療法です。

この活性化した成長因子を含むサイトカインは、衰えた毛包や弱った皮膚細胞を再生させる働きに優れており、お肌のコラーゲンを刺激し、ハリとツヤのある健康的で毛穴の閉まった素肌を蘇らせます。さらに肌の弾力性を向上させ、シワ・くすみなどの加齢症状を遅らせ、改善する働きなどもあります。

抗炎症効果と成長因子を利用した、新しい肌再生治療です。

◆ACRS 作成の基本的な流れ
① 腕の静脈から無菌的に血液を採取
② チューブに血液を移し替え、インキュベーション(37℃の保温庫で最大3 時間放置)
③ 血小板からサイトカインの放出を起こさせる
④ 採取した血清には、一切の 血小板・血球成分がふくまれないように細胞濾過フィルターですべてを排除し、サイトカインのみを採取
⑤ 遠心分離器に移し、遠心分離(血清中に浮遊している血小板の抜け殻、血小板、血球成分など不要なものをすべて排除)
⑥ 採血した注射器から無菌的に血清を採取

血小板を含む血液成分は、ガラス, ポリーマーなどの人工表面に容易に粘着する性質を持ちます。
ドイツで開発された特殊なガラスビーズが入った容器に採取した血液を入れインキュベーションします。この間に特殊なガラスビーズに吸着された血小板から、成長因子と抗炎症性サイトカインが大量に放出されます。

その後、成長因子や抗炎症性サイトカインが大量に含まれた血清部分のみを採取し、お肌に注入します。保温庫内で1~3 時間置くことで、血清中に存在する抗炎症性サイトカイン(IL-1Ra)の数値は、1 時間後に約3 倍、そして3 時間後に約4.5 倍に増加し、血中濃度の約5 倍に増殖します。

老化の原因である『慢性炎症』を抑え、再生力を高めます

◆ACRS( 自己血サイトカインリッチ血清) に含まれる成長因子

FGF・・・組織を修復、コラーゲン産生、ヒアルロン酸産生
EGF・・・上皮細胞の成長促進、血管新生、創傷治癒を促進
PDGF・・・細胞増殖、血管の新生・修復、コラーゲン産生
TGF-β・・・上皮細胞・血管内皮膚細胞の増殖・新生、創傷治癒を促進
VEGF・・・血管内皮細胞の増殖・新生

PRP(多血小板血漿)との違い

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)は、血液成分抽出の際、血液抗凝固剤や血液分離剤、血小板活性製剤など患者様の血液以外の添加物を一切使用しませんので、従来のPRP 治療法よりもはるかに安全性の高い治療法といえます。

PRP(多血小板血漿)療法
修復作用をもつ血小板の細胞を入れることで、血小板の組織修復能力による創傷治癒を引き起こすことで成長因子やサイトカインを活性化する再生医療です。

ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)
採血をした血液の抗炎症性のサイトカインや成長因子を最大限に放出させ、血小板などの細胞を除いた血清のみを注入する方法です。

PRP に比べてEGF(上皮成長因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)などの成長因子、IL-1Ra、IL-4 などの抗炎症性サイトカインが、インキュベーションにより数倍~十数倍まで増殖することも確認されている、非常に上質なPRP の上をいく最先端治療です。

【効果】
◆炎症の緩和
◆コラーゲンの新生
◆ヒアルロン酸の産生
◆組織の修復・創傷治癒
◆血管の新生・修復
◆上皮細胞、血管内皮細胞増殖

TREATMENT施術について

施術の流れ

カウンセリング→ 採血

《3時間後》または《後日》 ※後日の場合は冷凍保存
洗顔 → 施術(約20分)​

治療間隔

3 ~ 4 週間に1回の施術を3回から4回継続して受けていただくとより高い効果を実感していただけます

ダウンタイム

まれに赤みや発疹や掻痒感が生じることがありますが、赤みは2-5日程度で改善していきます
内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります

術後の診察

術後の診察は必要ございません

メリット

・100%自身の血液成分のみの施術なので安心
・肌質の根本的なケアが可能
・様々な悩みに適用

リスク・副作用

注入後2~3日ほど腫れた感じになり、内出血が1~2週間程度出る場合があります
※効果には個人差があります

注意事項

次の方は治療を受けることが出来ません
アレルギー、皮膚疾患のある方、ケロイド体質の方、感染性疾患の方、出血性疾患の方、コントロール不良の糖尿病がある方、免疫不全や自己免疫疾患の方、妊娠中、授乳中の方、過去に同様の治療を受け、身体的に異常が出た方
※その他医師が治療不可と判断した方

個人情報保護方針

表参道レジュバメディカルクリニック(以下「当院」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。
個人情報の管理
当院は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当院からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当院は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当院が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策
当院は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し
当院は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
お問い合せ
当院の個人情報の取扱に関するお問い合せはフォームよりご連絡ください。